REGARD

住宅ローンと「団信」加入

「団信」とは?

住宅ローンの借り入れをしようとすると、ほとんどの場合はローン会社から団体信用生命保険への加入を求められます。

団体信用生命保険、通称「団信」とは、簡単に言うと住宅ローン専用の生命保険です。

住宅ローンの返済中に債務者が死亡、あるいは高度障害状態になったとしましょう。その時に住宅ローンの残額を、保険会社が全額返済してくれる仕組みです。

団信の仕組み

団信を引き受けている保険会社はいくつかあり、ほとんどはローン会社と提携を結んでいます。住宅ローンの借り入れをする債務者は、ローン会社を通じて団信に加入することになります。

団信の保険料は、ローン会社が負担するのが一般的です。債務者は、住宅ローンの返済金額以上の金銭の支払う必要はありません。

別の見かたをすると、ローン会社は万一の時に損害を被らないよう、債務者を対象に保険をかけていると考えたほうが分かりやすいかもしれません。

団信は配偶者も適用対象になる?

旦那様と奥様のペアローンのように連帯債務者がいる場合は、2人で加入できる団信もあります。

旦那様か奥様のどちらかが死亡または高度障害状態になった場合には、住宅の持分や返済額などにかかわらずローン残高の全額を保険会社が返済します。

親子ペアローンの場合も同様です。親子ペアローンについては、過去記事で紹介しています。

・住宅ローンを親子で借りることは出来る? 二世帯住宅の資金について

「団信」には個人でも加入できる?

なかには団信への加入が必須ではないローン会社もあります。そういった場合、個人で団信に加入することもできます。ただし個人で団信に加入すると、保険料は債務者が支払わなければなりません。

また、死亡時や高度障害時のみではなく、就業不能や三大疾病になったときにも保証される団信もあります。ローン会社を通じて団信に加入する場合でも、そういった特約をつけることは可能です。

しかし、特約をつけた分の保険料は債務者負担になるので、加入前によく検討する必要があります。

団信加入の検討の際は、家づくりのプロに相談してみよう

団信とはどういうものなのか、お分かりいただけたでしょうか。

団信に加入するには、健康状態が良好であることの証明など、さまざまな条件があります。個人で加入を検討するには、専門用語など難しい部分もあるでしょう。

リガードでは、住宅ローンや団信加入のご相談も承っております。ぜひご相談ください。

関連する記事を見る