REGARD

「ガレージハウス」と「ビルトインガレージ」って何が違うの?

一言に「ガレージ」と言っても、ガレージにも様々な種類があるのをご存知でしたか?

大切な家族を乗せる車だからこそ、しっかり保管できるように住宅の建設を考える時にガレージも一緒に設置することを検討したことがある人も多いのではないでしょうか。

今回は、ガレージの設置を検討されている方に向けて、ガレージの種類とそれぞれのメリット・デメリットについてご紹介いたします。

「ガレージハウス」とは

「ガレージハウス」は住宅の中に車庫が埋め込まれているような形のことをいい、ガレージを独立で建てるほどの土地スペースがない場合などに適用されることが多く、主に住宅の建設時に一緒に設置される場合のことをいいます。

メリット

ガレージハウスは、基本的に屋根や壁などがあるため、天候の影響を受けずに車の保管が可能で、防犯の面でも機能性を十分に発揮してくれます。

デメリット

デメリットとしては、暑さ対策や照明の設置の必要性があることや、家族構成が変わって車の台数が増えたときなどに対応するのが難しい場合がある、という点が挙げられます。

「ビルトインガレージ」とは

「ビルトインガレージ」は、「ガレージハウス」と同じで、住宅とガレージが一体になったタイプの駐車スペースのことを指します。

違いとしては、「ビルトインガレージ」はリフォームなどによって住宅の建築の後に設置された場合のものを良い、土地の広さに余裕がない場合などにも設置が可能なので、土地の有効活用が可能です。

メリット

メリットとしては「ガレージハウス」と同様に、天候の影響を受けなかったり、防犯面でも安心できる点が挙げられます。

デメリット

しかし、注意点としては、そうした特徴から既存の「居住スペースが狭くなってしまう」こともあるので、空間のバランスを検討しなければなりません。

また、一階部分に”空間”ができてしまうために、構造の強度的にもバランスが崩れてしまうので、専門的な業者に頼んでしっかりと震災対策などを行う必要もあります。

よって、独立して建てる場合と同じように様々なコストもかかるので、費用的な面でも注意が必要です。

都内のような場所に住宅を建てるのであれば、やはり土地は有効活用しつつも機能性を十分に発揮してくれる駐車スペースを確保したいものですよね。

 

弊社は、プロのアトリエ建築家と共に、デザインと性能の双方に優れた、お客様のライフスタイルに合わせた高品質な住まいの提供をお約束いたします。

人生でそうない”大きなお買い物”だからこそ、後悔のない選択をして欲しい、という思いから毎月無料のセミナー(詳しくはこちらから)も開催しておりますので、是非お気軽にお問い合わせください。

関連する記事を見る