REGARD

「車」を自宅で保管するのに適した方法は?

愛車を大切に保管したい

ついに夢のマイホーム。家族を乗せる大切な車を保管したい、と思った時に海外の映画でよくみるようなガレージに憧れたり、ディスプレイとして駐車場を設置し、家の前に飾りたいと夢が膨らむものですよね。

今回は、そんな「車」に関する保管方法を「駐車場」「ガレージ」「カーポート」の3つに分けてご紹介いたします。好みや目的に合わせて、最適な保管方法を検討してみてくださいね。

駐車場

まずは家の建設時にも車の保管スペースとして確保しやすい「駐車場」です。

「駐車場」は、ガレージやカーポートなどとは異なり、屋根がついていない場合のことを示すことが多いです。

よって、その特性から駐車場は、どうしても天気の影響を受けてしまうため、雨が降った場合などは自宅からの移動が大変だったり、雪が降った場合には雪に埋もれてしまったり、黄砂の影響で車が汚れてしまう可能性などが考えられます。

ガレージ

「ガレージ」は屋根や壁、シャッターなどで空間が仕切られた駐車場のことをいいます。

「ガレージ」も独立型のものと、「ガレージハウス」や「ビルトインガレージ」のように住宅の中に車庫が埋め込まれているような形の2種類に分けることができます。

後者は、ガレージを独立して設置ほどのスペースがない場合などに適用されることが多く、土地の有効活用が可能です。

メリットとしては、車を屋内に保管することができるので、防犯の面で安心することができます。また、天候の影響も受けづらいので、近年問題になっているゲリラ豪雨や大型台風、そして黄砂や紫外線などの影響を受けづらいので、様々なリスク回避が可能です。

しかし、デメリットとして設置に費用がかかってしまうことや、居住スペースが狭まってしまうといったことに注意が必要です。

カーポート

「カーポート」は、屋根と柱だけで構成された簡易的な駐車スペースのことを指します。

コストも「ガレージ」と比べると安く抑えることができ、住宅の建設後にも土地に合わせて手軽に設置できる点がメリットとして挙げられます。

しかし、デメリットとしては、防犯面ではやはり懸念が残ることや、雨や雪が吹き込む場合があるという点です。

また、設置の仕方によっては一階部分の日当たりが悪くなってしまうこともあるので注意が必要です。

 

今回は、3つの車の保管スペースについてご紹介いたしました。

せっかく建てた住宅の邪魔にならないようにするためにも、機能性だけではなく、デザインも考慮しながら設置することも必要です。

弊社はアトリエ建築家と共にお客様のライフスタイルに合わせた高い性能を誇る住宅の提供を強みとしています。

ご興味のある方は、是非一度お気軽にお問い合わせください。

関連する記事を見る