≪よくある質問≫トリプルガラスって実際どうなの⁉🏠

せっかく家づくりをするのであれば、
断熱性の高い家、そして光熱費も少なく済む家づくりをしたいですよね。
断熱といえば、断熱性の高い高性能な窓を考えられる方多いのではないでしょうか。
そこで今回は、よくある質問でもある
『トリプルガラス』について、お答えします。

是非、正しい知識のもと、賢い家づくりを進めていきましょう。

トリプルガラス

icon

トリプルガラスを採用したいという声を最近よく聞くのですが、実際のところ良いものなのでしょうか⁉

icon

基本的には断熱性能が高いので採用したほうがいいケースも多いですが、採用しないほうが良いケースもあるので、今回は注意点を3つお伝えします!

icon

採用しないほうがいいケースもあるのですね。是非教えてください!

icon

1つ目は、日射取得率が減ってしまうことです。

icon

冬場が寒くなってしまうのですか?

icon

その通りです。特に冬場は、太陽の光をうまく家にとりいれることによって、エネルギーを使わずにお家のなかを暖めることができるのですが、ガラスが1枚多い分、太陽光が入りにくくなります。
すると、余分なエネルギーを使う必要がでてきて、逆に光熱費が上がってしまうケースもあります。

icon

なんと!それは意外でした。断熱性能が高いというメリットの部分だけで考えてはいけないですね。

icon

2つ目は、
窓の大きさや開き方のバリエーションが少ないことです!採用量が少ない分、窓の大きさに制限があったり、スライドしたり横に開けたり縦に開けたりするバリエーションが少なく設計が難しくなります。

icon

そうなんですね。そこも注意が必要ですね。

icon

3つ目は、初期コストが高い!です。
家1棟でペアガラスに比べて50~100万円高くなる事が多いです。

icon

なるほど、結構なお値段がかかるのですね。慎重に判断しなければならないですね。

icon

結果的に光熱費が下がっても、トータルのコストが高くついてしまったらどうですか?

icon

それは、もちろん避けたいですね。

icon

東京であれば、太陽光をうまく活用するパッシブ設計ができれば、ほとんどのケースでトリプルガラスは必要ないと思います!

icon

とても勉強になりました。ありがとうございます。

icon

家づくりや間取りについてご希望がある方は、ぜひリガードへご相談ください。
お施主様とご家族のライフスタイルに合わせて、経験豊富な建築家がご提案いたします。
是非一度、お気軽にご相談ください。

リガードのサッシについてはこちら

お申し込みはこちらから!WEB個別相談会実施中!