REGARD

吹き抜けリビングの住宅に断熱性・気密性が必要な理由

吹き抜けリビングの魅力って?

家を建てる時、「リビングは吹き抜けにしたい!」と考える方は依然として多いです。

吹き抜けリビングは開放感があり、空間を広く見せることができます。

また、高い場所に窓を取り入れることで、リビングの日当たりが良くなります。

さらに、吹き抜けによりリビングと2階がつながるので、家族のコミュニケーションもとりやすくなるなど、様々な魅力がありますね。

住宅を建てようと考えている方は、一度は吹き抜けのリビングを取り入れたいと考える方が多いのではないでしょうか?

吹き抜けの弱点

開放感があったり、日当たりが良くなるなど魅力溢れる吹き抜けですが、弱点があります。

基本的に、暖かい空気は上に、冷たい空気は下に溜まります。

吹き抜けの場合、1階から2階へと空気が通るため、1階のリビングで暖房をつけていても、暖かい空気が上へ上へとどんどん流れてしまい、リビングが全然暖まらないなんてことがあります。

逆に夏場の場合ですと、リビングで冷房をつけるとリビングのある1階は冷えますが、2階は熱気がこもってしまうなんてこともあるのです。

これがもし、断熱性・気密性の高い住宅であったならば、1階と2階が一つの大きな空間となり、空気を循環させることで家全体を均一に暖めることができます。

ところが、断熱性・気密性の低い住宅の場合、暖気や冷気が外にどんどん逃げて行ってしまうため、一向に部屋が温まりません。

最悪の場合、温度差によりヒートショック現象を誘発してしまう恐れもあります。

ヒートショック現象は部屋の寒暖差の変化で体に負担がかかる現象で、最悪の場合死にいたるほど危険です。

このようなリスクを減らすためにも、吹き抜けリビングのある住宅において、断熱性・気密性の高さは非常に重要と言えます。

高気密断熱性が強みのリガードの「TRETTIO」

リガードの木造住宅「TRETTIO」は、高性能スーパーウォールパネルを使った高気密高断熱性が強みです。

屋根や天井、壁、床をすっぽりと包み込む「スーパーウォール工法」で、夏は涼しく冬は暖かい家を実現させていただいているので、吹き抜けリビングに最適です。

快適で、優しい光が差し込むリビング空間を楽しみたいという方は、ぜひリガードにご相談ください。

関連する記事を見る