REGARD

高気密高断熱住宅の暖房事情。エアコン付けっぱなしで節電出来る理由

冬暖かい住宅における「冬の過ごし方」

冬暖かいと言われる高気密高断熱の家は、断熱性の高くない家と比べてどうして暖かいのでしょうか?
高気密高断熱の家では、家の中の熱が外に逃げにくい、魔法瓶のような構造になっています。そのため、家の中が一度暖かくなるとなかなか家の中の室温が下がらないのです。一方、断熱性の高くない家では、部屋の中を温めても、暖かい空気がどんどん逃げてしまい、部屋の暖かさをずっと保つことは難しくなります。
この違いは暖房効率にも現れ、なかなか熱の逃げない高気密高断熱の家では、一度部屋が温まればあとはその室温を維持するだけなので、暖房費も抑えることができるのです。

高気密高断熱住宅の暖房事情

高気密高断熱住宅には、暖房器具で温めた室内の熱を「蓄積する」仕組みが家の中の随所にあります。例えば、以下の記事のような構造により、家の中の熱を逃がさないようになっています。

・高断熱住宅で大切なQ値(熱損失係数)とC値(相当すき間面積)のバランス
・高気密住宅でこそ第1種換気 全熱交換システムでコストを抑えよう

このように、高気密高断熱の家では家の外に熱を逃がさないので、冬の寒さを凌ぐために必要なエネルギーは、断熱性の高くない家に比べてはるかに小さくて済みます。

極端なケースだと、高気密高断熱の家では、手動で温度を調整するような古いタイプのストーブだと、熱を不要に排出することになってしまいます。そのため、高気密高断熱の家では室温に応じての自動調節機能のついた暖房器具がマストアイテムになります。

高気密高断熱住宅はエアコン(or 床暖房)による暖房がベスト

きちんと施工された高気密高断熱 + 全熱交換型第一種換気の家の場合、室温に合わせて賢く自動調節出来る最新のエアコンや床暖房がベストです。
また、HEMSを使用した電気機器制御を利用すれば、最新のシステムにより、屋外の温度や湿度に応じてエアコンの温度が調節されたり、家の外でスマホからエアコンを調節したりできるなど、最新の省エネシステムを利用することができます。一部のエアコン製品や床暖房製品でHEMS連携をサポートしているので、これから導入を考えている人はぜひ当該製品をチェックしてみましょう。

高気密高断熱住宅の電気代を下げる方法

高気密高断熱住宅において、電気代を抑えるための様々な工夫は不要になります。
「エアコン24時間つけっぱなし」でも、一度温度を快適な気温にすればあとはそれを維持するだけなので、マンションやご実家などのお住まいに比べて、驚くほど電気代が安くなるでしょう。
もちろん、より効率的な電気消費を考えていく上では、HEMSを活用した省エネ・創エネのコントロールは必要になってきますが、高気密高断熱の家に住まうだけでも、光熱費を抑える工夫ができていると言っても過言ではないでしょう。

リガードでは、C値0.5という高気密な家づくりをしております。
エアコンつけっぱなしでも電気代を抑えられる家なら、国分寺の工務店・リガードにご相談ください。

関連する記事を見る