REGARD

「脱衣所」での温度管理について考えよう

お風呂の後に・・・

暑い夏や、寒い冬のお風呂のあと、脱衣所との気温差にストレスを感じたことはありませんか?

せっかくお風呂に入ったのに汗を書いてしまったり、お風呂に浸かって温まったのに湯冷めしてしまったり。

とはいえ、対策として扇風機やストーブを置くだけでは十分ではなく、なかなか脱衣所の温度調節は難しいものですよね。

近年では「ヒートショック」による死亡事故などもニュースで見るようになりました。

「ヒートショック」とは、温度差が原因で血圧が上下し、心筋梗塞や脳内出血といった症状を誘発してしまうことです。

主に65歳以上の高齢者や、高血圧などの持病をもっている人が影響を受けやすく、三世代で住宅に住むことや、将来的にも長く居住することを考えると、脱衣所の温度調節は施工段階からしっかりと見直しておく必要があります。

では、扇風機やヒーターなどの暖房器具の他に、脱衣所の温度調節はどのような方法があるのでしょうか。

脱衣所に「エアコン」という選択肢

脱衣所の温度を快適にする方法の一つとして「エアコンを設置する」という方法があります。

脱衣所は一般的には1坪(約2畳)程度なので、「脱衣所のような狭い空間にエアコン?」と思った方もいらっしゃるかもしれません。

近年では脱衣所用に、小型のエアコンも開発されています。

扇風機では空間の気温自体は下がらず、電気ヒーターでは空間が温まるまで時間がかかることなどを考えると、エアコンは手間も掛からず、場所も取らないので脱衣所を狭くせずに空間の温度調節を上手に行うことができます。

施工後の住宅の脱衣所にエアコンを追加で設置しようとすると、無駄にコストがかかってしまいます。

一例ですが、コンセント工事費やエアコン、エアコン設置費として75000円(3畳)支払うこともあるようです。

余分なコストを減らすためにも、将来のライフスタイルを見越して、住宅を建てる計画の際に是非一度検討してみてはいかがでしょうか。

「高気密高断熱住宅」にする方法も

他の方法として、家を「高気密高断熱住宅にする」という選択肢もあります。

エアコンの使用により、室内の乾燥などが気になる人はこの方法がおすすめです。

プロの業者に頼んでも、やはり人間が作るもの、目に見えないレベルの隙間などがどうしても存在してしまうものです。

たとえ目に見えないレベルの隙間であっても、熱が逃げてしまったり、逆に入ってきたりしてしまうものです。

「高気密高断熱住宅」とは、その名の通り、壁や床、天井などに断熱材や気密テープなどを使用して、通常の自宅よりも高い断熱性と気密性を備えた住宅のことをいいます。

よって、高気密高断熱住宅は、家全体の温度を同じレベルで維持してくれるので、脱衣所での温度管理問題を解決してくれるかもしれません。

さらに、脱衣所の温度問題を解決してくれるだけではなく、住宅全体の光熱費を抑えてもくれるので、省エネ効果を期待できます。

家づくりでお悩みなら

リガード(REGARD)では、「高気密高断熱住宅」も取り扱っております。

家づくりの際の丁寧な聞き取りを心がけておりますので、御施主様のこだわりや、小さなお悩みまでしっかり対応させていただきます。

慣れない住環境設計でお悩みであれば、是非一度弊社にお気軽にご相談ください。

関連する記事を見る