REGARD

生活に不可欠なエアコン 省エネ&快適なエアコン計画でムダを削減しよう

生活に欠かせない省エネで快適なエアコン

日本では春夏秋冬に合わせて季節が移り変わるため、冷房や暖房、除湿や加湿など快適な空気環境を整えるのはとても大変です。家づくりをする際には、空調設備の計画をついつい忘れがちですが、消費エネルギーを削減でき、光熱費など家計の負担が少ないエアコンはとても大事です。ここでは、省エネで快適に過ごせる空調設備を設置するポイントについて、分かりやすくご紹介したいと思います。

室内環境整備がうまくいくエアコンの考え方

住宅の空調設備には大きく分けて、個別冷暖房とセントラル冷暖房の2つのタイプがあります。個別冷暖房タイプは、個々の部屋ごとに空調設備を設置し、室外機と室内機をパイプでつないでいます。個々に室外機が必要なため、家の周りに台数分の室外機置き場が必要となります。セントラル冷暖房タイプは、1台の室外機と室内機で集中して空気調整を行い、その空気をダクトで各部屋に送るタイプです。家中が一定の温度に維持されるので、空気環境はとても快適になります。最近の高気密・高断熱住宅では、24時間換気と空調を連動させた空調一体換気システムなどがありますが、初期費用が高くなります。

空調設備のことなら専門家に相談してみよう

家を建てる際には、気候の条件や省エネ、快適性について比較して、家族にあったタイプの空調設備を選ぶようにしましょう。セントラルタイプのエアコンは、設備設計がきちんとしていますが、個別タイプの場合には、計画が後回しになってしまわないように注意が必要です。快適な空調設備に関しては専門的な知識も必要ですから、個人で悩まず、住宅の専門家に相談してみると良いでしょう。

まとめ

空調設備のことはついつい忘れがちですが、毎日の生活にとっては欠かせない計画となります。省エネで快適なエアコン計画を立てて、ムダを削減した快適な生活を実現しましょう。

関連する記事を見る