REGARD

太陽光発電の導入と助成金について、知っておくと便利なことのまとめ

住宅に太陽光発電の導入を検討しておられる方も少なくないことでしょう。住宅の太陽光発電を導入する際に、助成金をもらえる可能性があるってご存知でしたか。せっかくマイホームを購入するなら、太陽光発電の導入を考えてみたいですよね。ここでは、太陽光発電の導入と助成金について、知っておくと便利なことをご紹介したいと思います。

太陽光発電の助成金制度について知っておこう

地球温暖化につながる二酸化炭素の削減や、発電問題の解決を促進する目的で、太陽光発電を導入する際に、地方自治体から助成金を受け取れる制度があります。以前には、国の助成金制度がありましたが、2014年からは地方自治体の助成金制度のみになり、地方自治体によって条件や交付期間に違いがでるようになりました。例えば目黒区は0円なのに対し、国分寺市なら3kwで7万円の補助金を交付しています。詳しい情報は各地方自治体の窓口で案内がありますので、一度詳細を聞いてみることをおすすめします。

太陽光発電の助成金制度についての注意点

太陽光発電の助成金制度に関しては、地方自治体によって条件や申請方法などが大きく異なっています。申込の期間が過ぎてしまったり、申請に条件があったりして、助成金が受けられないこともありますから、太陽光発電の導入を決める前に、地方自治体に十分確認するようにしましょう。助成金の予算が決まっている場合にも、予算がなくなった時点で打ち切られることがあります。助成金の申請をしてから、実際にお金を受け取れるまでに数か月かかることもありますから、予算はしっかりと計画する必要があります。

太陽光発電の助成金のことなら専門家に相談してみよう

太陽光発電を導入することによって、電気代が安くなるなど経済的なメリットがあるだけではなく、二酸化炭素の排出を軽減して環境保全を促進することができます。地方自治体から、助成金を受け取れる可能性がありますから、地方自治体に訪ねて積極的に検討してみるとよいでしょう。とはいえ、助成金制度は地方自治体によって様々な条件がありますから、住宅の専門家に相談してみると良いでしょう。リガードなら、太陽光発電の助成金についてアドバイスをしてくれますから、一度相談してみてはいかがでしょう。

まとめ

太陽光発電を導入することによって、環境保全を考えながら経済的なメリットを得ることができます。地方自治体によって条件が異なりますが、太陽光発電の助成金をもらえる可能性がありますから、積極的に導入を検討してみてはいかがでしょうか