REGARD

HEMS(ヘムス)導入の2つのメリット「補助金」と「消費電力の見える化」

HEMS(ヘムス)を始めとしたエネルギー管理システムの進歩が着実に進んでいます。政府は2030年までに全ての住まいにHEMS(ヘムス)を導入することを目指しており、将来的には一家に一台を導入する時代になることが予想されています。ここでは、HEMS(ヘムス)とは何か、HEMS(ヘムス)を導入する二つのメリットについて解説したいと思います。

HEMS(ヘムス)の消費エネルギーの制御システム

HEMS(ヘムス)とは、ホーム・エネルギー・マネジメント・システムの略で、センサーやITの技術を利用して、住宅のエネルギー管理や省エネをするシステムのことです。HEMS(ヘムス)を導入することで、家庭で消費するエネルギーを自動制御して表示できるというメリットがあります。BEMS(ベムス)とは、ビル・エネルギー管理システムのことで、再生エネルギーや蓄電器の制御システムのうち、工場向けはFEMS(フェムス)、地域全体向けはCEMS(セムス)と言います。

「消費電力の見える化」と補助金の制度について

HEMS(ヘムス)を導入することで、エネルギーがいつ、どこで、何に使用されているかを「見える化」して表示することができます。電気やガスなどの使用量や蓄電量がモニター画面で見えるので、節電意識が高まりエネルギーの無駄遣いを防ぐことができます。京都議定書で決定したCO2削減に向けた取り組みとして、地球環境に優しいエコ対策となっています。HEMS(ヘムス)の導入には、行政だけでなく民間企業も研究や開発を行っており、地球環境の保護と大きなビジネスチャンスを実現してくれます。

また機器によっては補助金が申請できるものもあります。ただし、全ての機器が助成対象となる訳ではないので、補助金を申請したいと考えている場合は、よく調べてから導入してみましょう。

HEMS(ヘムス)の導入の際はしっかり吟味を

HEMS(ヘムス)を選ぶ際には、初期費用だけでなく、運用コストがゼロの設備を選ぶようにすると、長期にわたって使用することができます。HEMS(ヘムス)の導入には専門的な知識も必要ですから、住まいのプロに相談してみることができます。HEMS(ヘムス)の導入のことなら、一度プロにご相談してみてはいかがでしょうか。HEMSについて詳しく知りたいというご要望にきちんと答えていただけるのではないでしょうか。

まとめ

HEMS(ヘムス)などのエネルギー管理システムを利用することで、消費エネルギーを自動制御して、「見える化」できるというメリットがあります。HEMS(ヘムス)を利用して、節電意識を高める省エネな住まいづくりを心がけましょう。

関連する記事を見る