REGARD

階段によって雰囲気が変わる!種類と特徴をご紹介 

皆さんは、階段に様々な種類があることをご存知ですか?階段は、家全体の雰囲気も大きく左右する重要なポイントです。毎日昇り降りするものだから、使いやすさも重視したいところ。どのような種類の階段があり、それぞれにどのような特徴があるか把握することで、自分の理想の家に合った階段を選べます。そこでこの記事は、代表的な階段を5種類、その特徴とともにご紹介します。

階段の種類

階段の種類は、大きく分けて以下の5つです。

  • 直階段
  • かね折れ階段
  • 折り返し階段
  • カーブ階段
  • らせん階段

それぞれについてご紹介します。

直階段

曲がったり折れたりすることなく、その名の通りまっすぐ上り下りをするシンプルな階段です。折れ曲がることがないため縦に長いスペースが必要になりますが、作りがシンプルな文低コストで済みます。

かね折れ階段

かね折れ階段は、階段が踊り場で90度に折れ曲がる形の階段です。折れ曲がることで、直階段よりも小さなスペースに階段を収めることができます。また直階段に比べると、転倒時の安全性も高めです。

折り返し階段

折り返し階段は、かね折れ階段をもう一度折り曲げて、U字のように180度折り返す階段のこと。踊り場が広いため、転倒時の安全性は高め。かね折れ階段よりもさらにコンパクトに階段を収めることができます。中央に配置して、居住空間をより多く確保するのもおすすめです。

カーブ階段

カーブ階段は、途中でカーブを描きながら上り下りするタイプの階段です。直線に比べると、ヨーロッパのお家のような柔らかく優雅な印象になります。玄関の正面などに、装飾的に配置することが多いです。

らせん階段

らせん階段は、その名の通りらせん状を描きながら上り下りをする階段です。全体は円筒状でらせん状のため、比較的コンパクトに設置できます。他の階段に比べるとコストはかかりますが、デザイン性に優れており、インテリアとしても目を引くものになります。

自分の家に合った階段を選ぼう

今回は、代表的な階段を5種類、その特徴とともにご紹介しました。階段と一言にいっても、その種類はさまざま。階段によって雰囲気も必要なスペースも大きく異なります。まずはどんな家にしたいのか全体像を考えて、それに合わせた階段を選ぶのがポイントです。リガードでは、プロのアトリエ建築家が理想の家づくりをサポートいたします。もちろん階段についてもご施主様の希望に合わせたご提案をさせていただくので、ぜひお気軽にご相談ください。

関連する記事を見る