REGARD

新築時からやるべきお手入れ キッチン編

どこもかしこもピカピカな新築のお家。せっかくなら、できるだけ長くその状態をキープしたいですよね。

汚れてしまってからきれいにするのは大変なので、きれいな内からお手入れしておきましょう。

今回は新築時からやっておきたいお手入れのキッチン編をご紹介します。

換気扇や冷蔵庫の上はラップでカバー

換気扇や冷蔵庫の上は、手が届きにくくこまめに掃除はしづらいですよね。放っておくと、油汚れにホコリが積もってなかなか取れなくなることも……。

新築の内にラップで覆って、マスキングテープで保護しておきましょう。

あとは汚れが目立ってきたときや年末の大掃除のときなどに、定期的に交換するだけでOKです。はがすだけで新品同様ピカピカの状態になります。

換気扇にはレンジフードフィルターを

油でベトベトに汚れた換気扇は、大掃除のときでさえ掃除するのが嫌になってしまいます。

そこでおすすめなのが、レンジフードフィルターです。

換気扇に合わせてカットして取り付け、汚れたら外して交換できるので、換気扇のお掃除が一気に楽ちんになります。

中には、最初からサイズに合わせられるものや、金属のフィルターを外して専用のフィルター枠ごと取り付けるタイプもあり、こちらも専用フィルターの交換が可能です。

ビルトインIHやガスコンロの隙間をガード

ビルトインIHやガスコンロの隙間には、小さなごみが溜まりやすいです。

油が飛び散りやすい場所なので、小さなごみが油で固まって余計に取りにくくなりがち。マスキングテープや隙間ガードでふさいでおけば、きれいなままキープできます。半年~1年を目安に、汚れたら交換しましょう。

新築時のピカピカなキッチンをキープしよう

今回は新築時からやっておきたいお手入れのキッチン編をご紹介しました。

新築同様のきれいなキッチンだと、毎日の料理も気分が上がりますよね。

きれいな状態を長くキープするためには、最初が肝心。お掃除しづらい場所は最初から汚さない工夫をして、ピカピカのキッチンを保ちましょう。

毎日の掃除もしやすいこだわりのキッチンをつくるなら、リガードにお任せください。プロのアトリエ建築家が、ご施主様の理想通りの家づくりをサポートいたします。