REGARD

新築時からやるべきお手入れ 水回り編

頻繁に掃除していても、すぐに汚れてしまう水回り。毎日使う場所だからこそ、きれいな状態を保って気持ちよく使いたいですよね。

できるだけ長く新築時のピカピカな状態をキープするためには、最初が肝心。きれいな内からのお手入れが大切です。

今回は、新築時からやっておきたい水回りのお手入れをご紹介します。

水滴はなるべく拭き取る

シンクや鏡についた水滴は、なるべくその都度拭き取るようにしましょう。

そのままにしておくとくすみや汚れ、水垢などの原因になります。

一度ついてしまうとなかなか落ちなくなるので、毎日のお手入れが大切です。拭くだけなら短時間で済むので、「ついで掃除」の習慣をつけてみてください。

洗面所の汚れにはファイバータオルを使うのがおすすめです。サッと軽い力で拭き取れて、拭き跡も残りません。

シンクはコーティングで白キープ

真っ白いシンクは特に汚れが付きやすいので、汚れる前にしっかりコーティングしておきましょう。

水回りのコート剤やリペルコートを使用することで、撥水・保護・防汚効果が得られます。

お手入れ方法は簡単。掃除した後、コート剤やリペルコートを全体にたっぷりスプレーしてスポンジや布で広げます。少し時間を置いたらマイクロファイバークロスなどの乾いた布で拭くだけで完成です。

コーキング部分はマスキングテープで保護

シリコンで出来ているコーキング部分は、放っておくとカビが生えたりホコリがついたりしがち。一度汚れると落とすのは大変なので、マスキングテープで保護しておきましょう。

白いシンクには白いマスキングテープを使えば目立ちません。マスキングテープなのできれいにはがせて、交換も楽ちんです。

全部保護するのが大変なら、汚れやすい部分だけでもやっておくと良いでしょう。

気持ちよく使えるきれいな水回りをキープ

今回は、新築時からやっておきたい水回りのお手入れをご紹介しました。

歯を磨いて顔を洗ってメイクして……と、洗面所は1日をスタートさせる場所。気持ちよく朝の支度をするためにも、新築時からお手入れをしてきれいな状態をキープしましょう。

掃除しやすく快適な洗面所を作りたい方は、ぜひリガードへご相談ください。ご施主様のご希望に合わせて、最適なご提案をさせていただきます。

関連する記事を見る