REGARD

エアコンなしでも平気!?夏を快適に暮らせる家づくり

「夏にエアコンは欠かせない!」と思っていませんか?

最近は、エアコン以外のさまざまな冷房手段が提案されています。住まいの間取りやデザインなど家づくりの段階から工夫を凝らすことで、エアコン無しでも夏を快適に暮らせるようになることも。

そこで今回は、エアコンいらずの家づくりについてご紹介します。

対角線に2つの窓を設置する

夏の暑さを逃がすためには、通気性がとても重要です。そのために、対角線に2つの窓を設置しましょう。

窓が1つだと風が空間を通り抜けられないので、熱気がこもりやすくなります。2つの窓で外の風を最大限に取り入れることで、室内に空気の流れができて涼しくなります。

高い位置に窓があると、夏の熱気を排出してくれます。上昇気流を作るためには、吹き抜けも効果的です。

断熱材を活用する

エアコンなしで快適に暮らすためには、断熱材を活用するのもおすすめです。

断熱材と聞くと、「暑さを余計に閉じ込めそう」とイメージする方も多いかもしれません。しかし断熱材は太陽の熱を遮断してくれるので、家の中の空気が温まるのを防いでくれます。

屋根に断熱シートを設置したり断熱材を施工したりすることで、「2階が暑い」という悩みも解決できます。

パッシブハウスにする

パッシブハウスとは、太陽光や風、水といった再生可能エネルギーを積極的に有効利用しながら室内環境を快適にしていき、それによって地球環境にやさしい住まいや暮らしを実現していくことです。

例えば、2階のお部屋を取り囲むように回廊を取り付け、窓の外側で遮光できるようにすると、お部屋の中は涼しく快適になります。

熱い空気が窓から効率よく排出できるように、「温度差換気」の仕組みを作るのも効果的です。

夏でもエアコンいらずでエコ&節約に!

今回は、エアコンいらずの家づくりについてご紹介しました。家づくりの段階から計画しておくと、意外とエアコンなしで快適に過ごせます。省エネで光熱費の節約にもなるので、検討してみてください

「夏でも快適な家づくりがしたい!」という方は、ぜひリガードへご相談ください。プロのアトリエ建築家が、ご施主様とそのご家族のライフスタイルに合わせてご提案をいたします。