REGARD

家族と家の安全を守る!お家の台風対策

近年は立て続けに大きな台風が発生し、九州や関西など日本各地に大きな被害をもたらしています。こうした自然災害から家族と家の安全を守るためには、いざというときにすぐ行動できるように普段から台風対策について知っておく必要があります。そこで今回は、お家の台風対策についてご紹介します。

浸水と土砂災害の「ハザードマップ」をチェックする

災害に備えるにまず大切なのが「ハザードマップ」です。ハザードマップとは、自然災害の種類別に被害を予測し、どの範囲でどれくらいの被害が生じるか、その際の避難経路や避難場所などの情報を合わせて記したものです。「被害予測地図」とも呼ばれます。日本では各自治体が作成しているので、住んでいる地域や通勤・通学エリアのものを確認しておきましょう。台風対策としては、浸水と土砂災害のものをチェックしておくと良いです。

雨戸やシャッターをつける

台風の被害でよくあるのが、外からものが飛んできて窓ガラスが割れ、人に当たって怪我をするケース。窓ガラスなどが割れて強風が住宅内に吹き込んだ場合、圧力差が生じて屋根が吹き飛ばされることもあり、大変危険です。命に関わる大けがに繋がりかねません。雨戸やシャッターをつけることで窓ガラスを守り、こうしたリスクも軽減できます。窓ガラスの対策として外側に板を貼るという方法もありますが、台風が接近してしまうと、外での作業は危険です。雨戸やシャッターがあれば、外の状況に応じて即座に対応できます。

家の周りを点検する

台風の接近が分かったら、家の周りを点検しましょう。ゴミ箱、物干し竿、家庭菜園用のスコップや鉢など、風で飛ばされそうなものは固定したり家の中に入れたりして対策します。また家の周りの側溝に溜まった枯葉やゴミなどは取り除いておきましょう。水はけが悪いと、豪雨時に浸水被害の原因になります。

台風被害を防ぐには事前の対策が重要!

今回は、お家の台風対策についてご紹介しました。自然災害は、いつどこで発生してもおかしくありません。「前回大丈夫だったから、今回も大丈夫だろう」と油断していると、大きな被害に見舞われてしまうことも。台風の接近が分かったら、大切な家と家族を守れるようにしっかりと対策しましょう。災害対策を万全にした家づくりをするには、ぜひリガードへご相談ください。経験豊富なアトリエ建築家が、ご家族の状況や希望に合わせた家づくりをサポートいたします。

関連する記事を見る