基礎工事後編②~配筋後~

リガード 基礎工事 配筋後

配筋が終わった後は、基礎の枠が立ち上がっていきます。
この記事では、配筋完了後から、基礎部分完成までをご説明いたします。

スリーブ工事

①1種換気の場合、24時間換気(スミカ) のスリーブ(150φ) +補強筋を組んでいきます。
 →L型鉄筋を上下に組み、補強を行います。

・スミカの説明と、Regardが行っていること 
スミカは設計段階で設置位置が決まっています。
検討する前にまず、お打ち合わせを経て出来上がった図面を*マーベックスに送ります。
その後マーベックスが計算した換気図(家の中で排気と給気を行うための機械の位置が書いている図面)が返ってきます。
この図面で、どの部屋に室内排気口と給気口が必要かわかるようになります。

返ってきた換気図を元に、インテリアコーディネーターとのお打ち合わせ*で、
各部屋どこの位置に排気口と給気口をつけたいかを、お施主様と決めていきます。
決定後、以下のことを検討しながら最終の換気図を作成し、問題がなければその通りに施工を行っていきます。

◆メンテナンスする必要があるため、できるだけメンテナンスしに行きやすいような経路の検討
基礎内の点検ルート確保の検討
全部屋に空気が行き渡らせる為に、基礎内の人通口の位置の検討

②さや管を通します。
さや管とは、基礎内の配管が見えてこないよう、地中内に通す配管のことです。
そのため、コンクリート打設より前にスリーブが入っているか要確認が必要です。

③配管内にコンクリートが流れ込まないよう写真のように気密防水テープでふさぎます。

コンクリートを流し込んだ後の写真↓
配管内にコンクリートが流れ込まないよう気密防水テープでふさぎます

④コンクリートが固まった後、雨が降って基礎内に水がたまらないよう、水抜き穴用のホースも取り付けます。
ホースの中に鉄筋を差し込むことで、ホース内にコンクリートが入らず、コンクリートが固まった後も簡単に抜くことができます。水抜き穴用のホースを取り付けます

【耐圧打設】 
次にコンクリートミキサー車とポンプ車を用意して耐圧盤の打設を行います。
手作業で、生コンクリート会社がコンクリートを均していきます。
コンクリート 立ち上がり打設

【耐圧打設後】 
コンクリート立上り部分にガス、水道のスリーブを各専門の会社が入れます。

【立ち上がり打設】 
①耐圧盤を打設後立上りの枠をセットする
②枠設置後コンクリートの打設を行う
③コンクリート打設後レベラーを流し込み
 細かい高さの調整を行っていく。
④型枠存置期間(冬場5日か夏場3日)を経て枠をばらす
⑤基礎図で事前に指示がある高さと断熱の
 範囲を確認してもらって玄関内部の土間を
 打設してもらう

上記の順番で立ち上がり打設を行います。

大まかな工程のイラストがこちら
耐圧盤の打設

【先行配管】 
コンクリートが固まったら、土台をひいて床合板を貼ると配管が行いにくくなるため、先に給排水・給湯の配管などを行います。