光舞う、空に向かって開く家

ご夫婦
東京都日野市
2600〜2900万円
21〜25坪
完成見学会

「マイホームを検討するうえではマンションや建売住宅も検討しましたが、性能とデザインの両方を追いかけるなら注文住宅という結論に至りました」とH様。
家づくりのうえでも大前提は、快適性や安全性といった住宅性能。そのうえで自分たち好みのデザインの会社を探したのだそうです。

完成見学会やOB宅訪問を通じて、リガードの家づくりが好印象だったというH様ご夫妻。
実際に家づくりをした感想は、「ほぼ建築家の先生が提案してくださったプラン通り。希望したことは、ほとんど叶えてもらいました」と、納得のいくものでした。

H様の住まいのテーマは【空へひらく、くつろぎハウス】。
「外からの視線を気にせず、日中はカーテン開けたままくつろいで過ごしたい」というH様の希望を、建築家デザインで見事に実現しています。

面が際立つ箱型の外観は一見すると、プライバシーを守るように開口部が少なく、外に対して閉じたような設計に見えます。
ところが実際は形やサイズ、位置などバリエーション豊かな窓があちこちにあり、住まいの内側から外に向かって視線が遠くへ抜け、明るく開放的。
「ふとした瞬間に窓からのぞく景色がいつも違っていて、鮮やかな空の青や山の緑、やさしい月明かりに癒されます」と奥さま。

住宅立地から採光性を考慮して、リビングは2階に。玄関ホールと2階をつなぐリビング階段がそのまま光の通り道になっています。
家にいる時間のほとんどを過ごすという2階のリビングは天井が高く、やわらかい光が照らす日だまりの心地よさ。
LDKにはダウンライトなどの照明をつけず、梁と壁に設置した間接照明でフロアを調光。光が演出する空間づくりを楽しんでいます。

アイランドキッチンを採用したLDKは行き止まりのない回遊動線で、生活のわずかなストレスも減らしてくれます。
生活スペースはすっきり見せたいということから、キッチン収納は扉付きの背面収納を採用しました。
シックな黒の配色が、シンプルモダンな空間のアクセントになっています。

プライベートバルコニーは、住まいの中と外をゆるやかにつなぐ中間領域。
ライトコートとしての機能性とともに、縁側のような居心地よさがあります。

「空気の流れを考えて、夏なら2階のエアコン、冬は1階のエアコンをつければ空調はそれだけで十分。気密性・断熱性にも満足しています」とH様。
夏は暑くなりにくく、冬は寒くなりにくい、一年を通して安定した空気環境を実現した住まいの快適性能にも太鼓判です。

無料実例冊子プレゼント無料実例冊子プレゼント