回り階段の吹き抜け × ダウンフロアのリビング

家を建てる1年半くらい前から展示場を回ったりしながら、マイホームの検討を始めたというA様ご夫妻。ハウスメーカーや工務店など複数社から話を聞いて検討を進める中で、気密性・断熱性といった住宅性能とデザイン性を両立したリガードの家づくりに魅力を感じたのだそうです。ライフプランを見据えた資金計画が相談できたり、家づくりの予算面での納得感も高かったことが、家づくりを任せる上でも大きなポイントとなりました。

「ピンタレストやインスタグラムを見て、自分たちの住みたい家をイメージしていました。お願いしたのは、“とにかく素敵な家!”(笑)。そんなアバウトなオーダーでも、たった数回のコミュニケーションを通じて、建築家の先生がしっかりと理想の形に仕上げてくれました」とご夫妻。

一番のこだわりは、ダウンフロアのリビング。かね折れ階段の吹き抜けと相まって、居心地のよい、くつろぎ感あふれる空間に仕上げられています。「リガードの国分寺モデルハウスの小上がりのリビングような、アクセントのある空間にしたかったのです」とA様。ご夫妻は家づくりにあたって「平屋の家もいいね」と話していたこともあって、吹き抜けの高天井が心地よい住まいは、毎日の暮らしが1階で完結できるような機能性のある準平屋といったイメージだと言います。

住まい全体で窓を多く、大きくとっていて、屋内はドアや壁など仕切りの少ない一体空間。季節を問わずに室内環境は安定しています。カーペット床には床暖房を組み合わせているので、冬場には室内の乾燥を抑えて足元から暖まります。エアコン1台で空調も問題ないとのこと。

すっきりと広々と明るい室内は、視覚的にも体感的にものびやかで心地よい限りです。場所を問わず気軽に腰掛けて、思い思いに時間を過ごすことのできる、居心地のいい住まいが完成しました。