趣味の音楽室や、愛猫が喜ぶ陽だまりのある住まい

1階LDKのハイサッシを開け放つと、リビングとウッドデッキ、広い庭が一続きの空間として広がり、陽光が降り注いできます。家づくりを考え、他社と話を進めていたそうですが、プランの内容に疑問を感じていた中で、リガードから出てきた「オープンな1階の間取り」の提案は衝撃的だったそう。「実は、当初は全面サッシで、吹き抜けもあるし、こんなオープンな空間を作って、冬は寒くないの? と疑問がよぎりました」とMさんご夫妻。しかし、実際暮らしてみてそれは全くの杞憂だったとのことです。冬を過ごしてみての感想は「全然寒くない」。昼はエアコンなし。夜に少しエアコンをつけるだけで快適そのものとか。
M邸は夫婦+子ども1人+愛猫2匹が暮らす住まいです。「リガードとの出会いは雑誌で見た建築実例が最初でした。ワクワク感があると心に残りました」とMさん。リガードのウェブセミナーに参加し、目に見えない住宅性能の大切さを学ばれたそうです。実際の家づくりでは、「住宅性能の高さ」「デザインのクオリティ」「予算内での仕上がり」などが外せない条件でした。
その上で、「音楽室」「吹抜け」「小上がり」を要望。また、M邸で重要なコンセプトが子育てへの配慮でしたが、それは間取りに大きく反映されています。玄関から間仕切りなしでLDKに続き、アイランドキッチンとすることで子どもが走り回れる設計に。なお、陽当たりの良い階段や小上がりのカウンター前のスペースは、愛猫の特等席となっています。