“Grayish&Ash”

LDK

アイコンご夫婦・お子様一人

アイコン東京都立川市

アイコン26〜30坪

お子様が生まれるタイミングで注文住宅の検討を始めたIさんご夫婦。「以前のアパートは暑くて寒い。そのうえ、風通りも悪かったですね。今回の家づくりでは、こうした快適性能も大切に考えていました。そんな時に雑誌やインスタなどを見てデザインが気になり、『マイホームセミナー』にも参加したのがリガードでした」と振り返ります。
そこで、高気密・高断熱の住宅性能や、パッシブ設計の大切さを再認識されたそうです。その後、他社の話も聞くなど検討を重ねたうえで、最終的にリガードを選んでいただきました。「数値を約束する住宅性能や、アトリエ建築家による設計の自由度、スタッフの人柄の良さなど、比較すればするほど、リガードの魅力が秀でていました」とIさんは話します。
理想の住まいづくりは、「Grayish(グレイッシュ)&Ash(アッシュ)」というIさんがテーマにしたカラーリング・デザインのスタイルで全体をコーディネートしていきました。家事動線も考えた使いやすい2階LDKの間取りに、こだわりだったグラフテクトの対面キッチン、ダイニングテーブルなど、インテリアを充実させていきました。
「住まい全体が希望だった、落ち着きあるスタイリッシュな雰囲気でまとまり満足です」とIさん。また、土地探しからリガードで行い、「駅近・周囲に緑があること」などの要望も叶えられました。「春には2階のリビングの窓から、街路のサクラを眺めることもできます。打ち合わせはとてもスムーズで、私たちの要望を細部まで的確にくみ取ってくれました。さすが、建築家ですね」。Iさんは嬉しそうに話してくれました。